ティファールの圧力鍋を比較|おすすめ人気ランキング|口コミ・レビュー

ティファールの圧力鍋を比較
《ティファールの最新圧力鍋》
★アクティクック プラス 3L/4L/6L
・容量3L・4L・6L/重量2.59kg・2.66kg・3.41kg
・熱伝導率の高い蒸し物用バスケット付き
・最適な水の分量を計れるエコカップ付き
人気ランキング


★アクティクック シンプリー 4L/6L
・容量4L・6L/重量2.63kg・3.37kg
・蒸し物用の中かご付き
・エコカップは付いていません。
人気ランキング



ティファールブランドを日本で展開するグループ・セブ社(フランス)が圧力鍋を発売したのは、1953年のこと。当時のセブ社は、圧力鍋の草分け的存在でした。ティファールはその後、圧力鍋の新作を次々と発売してきたようですが、現在の最新の圧力鍋に至るまで、当時の寸胴型深鍋スタイルは変わっていません。後発の調理器メーカーに片手鍋タイプの圧力鍋を造るところが少なくない中で、自ら作り上げた圧力鍋のスタイルを変えたくないという、製品への誇りが感じられます。圧力鍋はやっぱりこの形、というファンも少なくないことでしょう。
ティファールの圧力鍋の最新商品は、蓋のワンタッチ開閉がボタン式からレバー式に変わりました。それ以外で新しくなった点といえば、これまで一部商品に搭載されていた「お知らせタイマー」が標準装備になり、音と液晶表示で調理をナビしてくれるという点くらいです。しかし、品質の確かさと信頼性の高さも変わっていないというところが、この老舗メーカーの強みだと思われます。

関連記事

口コミ大人気の鍋



ページ上部へ戻る