ステンレス鍋とアルミ鍋の比較。どちらを買うべき?

ステンレス鍋かアルミ鍋か?

みなさんはステンレス鍋は使用していますか。
ではアルミ鍋はどうでしょう。
あるいは両方持っている人もいるかもしれません。
今回はステンレスとアルミの鍋を比較して、お互いの特徴を見ていきましょう。

ステンレス鍋とアルミ鍋をいろんな点から比較。

重さの違い

コレは実際に店舗などで比較してもらえばわかると思いますが、重さが全然違います。
ステンレスがかなり重いのに比べて、アルミの鍋は拍子抜けするほど軽いです。
女性ならステンレスは重く感じてしまうでしょう。
盛り付けの時に片手で持ったときなど、ステンレスだと腕がだるくなってしまいます。
その点アルミは楽々持てますので、片手で持っても負担にならないです。

重さはアルミの方が軽い。なので扱いやすさで言えばアルミがオススメです。

熱伝導率の違い

アルミの方が熱伝導率が良いです
アルミ鍋はステンレスの鍋よりも薄い場合が多く、すぐに熱が伝わります。
ですがアルミの鍋は薄いが故に熱の保温性が低く、暖めてもすぐに冷めてしまいます。
シチューなどの保温調理には向いていません。

一方でステンレス鍋の方は熱伝導率はアルミに比べておちます。
ですが、いったん暖まると保温する能力は高いです。
圧力鍋にステンレス製が多い理由の一つですね。
ですのでさっと一人前のラーメンを作りたいときなどには向いていませんが、
じっくり保温しておいしくするシチューやカレー、豚の角煮などは得意です。

アルミ鍋は熱伝導がよいが、すぐ冷める
ステンレスはすぐには暖まらないが、保温は得意。

丈夫さの違い

丈夫さの面から比較します。
結論からいうとステンレスの方が丈夫です。
アルミはステンレスよりも厚さが薄いものが多いです。
そのため強い力が加わると変形する可能性が高いのです。

さらにアルミの方が傷つきやすいのです。
これは実際に使ってみるとわかりますが、アルミは使い込んでいく打ちに細かい傷がどんどんついていきます。
使用には問題ないのですが、気になる人は気になるでしょう。
ステンレスの場合は、ほぼ傷はつかないと言っても良いでしょう。
少し傷がついてもクレンザーなどで磨くとすっきりとキレイになります。

丈夫さや傷の津金砂ならステンレスの方がいいでしょう。

まとめ

ステンレスの鍋とアルミの鍋の違い、おわかりいただけましたでしょうか。
アルミにはアルミの、ステンレスにはステンレスの良さがあります。
それぞれの特性を理解した上で、上手に使い分けましょう。

関連記事

口コミ大人気の鍋



ページ上部へ戻る