シラルガンvsビタクラフトの鍋を比較(価格と性能・口コミ)

シリットシラルガンやビタクラフト圧力鍋が人気です!

圧力鍋というと性能はもとより値段もピンからキリまであります。できるならピンを目指すのが当然で、安物買いの銭失いということのないようにしたいものです。もっとも圧力鍋の中には値段の張るものがありますから、値段を考えながら性能の良いものを購入したいものです。ここでは圧力鍋の中でも人気の高い、シラルガンとビタクラフトの圧力鍋を紹介します。いずれ劣らぬ人気商品なのですが、値段と性能、さらには使い勝手などの口コミなど比較しています。

シラルガン圧力鍋の性能と気になる価格は?

ドイツのシリット社から出ているのがシラルガン圧力鍋です。天然の安全素材を使用して耐久性、さらにはドイツらしい実用性を兼ね備えた圧力鍋です。まさに日本と比肩する物づくりの国を代表する圧力鍋と言ってもいいでしょう。ドイツ製が日本でも高い評価を受けているのですから、その評価は全世界的と言ってもいいでしょう。

気になる性能ですが、天然鉱物を融合させて急冷して結晶化したものを表面素材として使っています。そのため表面は中性で、酸やアルカリに強く食材による影響も受けません。さらには圧力鍋の性能をいかんなく発揮して光熱費を節約していますし、IHはもちろんオール熱源にも対応しています。

気になる値段ですが、4.5リットルというリーズナブルタイプで販売価格が税込みで54,000円となっています。

シラルガン圧力鍋の口コミを以下に紹介します。

「においがつかないことがすごい!ご飯を炊いた後に肉を煮ても大丈夫」
「ホーローで重いのですが、それが却って安心につながってるかも」
「ご飯の炊き出しは3/1程度になります。忙しい時にとても重宝します」

ビタクラフト圧力鍋の性能と気になる価格は?

ビタクラフト社はアメリカの会社です。その歴史は古く1939年創業ということです。当時最先端だった宇宙工学に基づく金属を熱と圧力で接着させる圧着法を用いてビタクラフト圧力鍋が完成したのです。てづくりにこだわったその製造工程はものづくり日本顔負けと言ってもいいでしょう。日本には1976年より流通が始まっています。

スタンダードタイプの圧力鍋 ウルトラ両手ナベ4.0リットルが税抜きで48,000円となっています。

ビタクラフト圧力鍋の口コミを以下に紹介します。

「やっぱり健康です。無水調理はとっても簡単!
「安心の10年保証につられて買いました。これって却って安上がりかも!」
「よく探してみると激安割引があるんです。ちなみに本物ですよ」

シラルガンとビタクラフト・・選ぶならどっち?

圧力鍋では双璧とされている両者ですから、どちらを選んでも後悔はしないでしょう。料金も同容量で拮抗しています。ただし、ネットなどでよく探してみるとビタクラフト社の圧力鍋の割引が目立ちます。これは単純に流通量の差の問題だと思うので両者を比べて安く手に入れたいというのでしたらビタクラフトの圧力鍋になるかもしれません。
ビタクラフトはステンレス製で、シリットシラルガンはガラスのような天然鉱物です。
もし「金属アレルギー」をおもちなら、シリットシラルガンをおすすめ致します。

関連記事

口コミ大人気の鍋



ページ上部へ戻る